優しいまち、札幌をつくります

196万人が住む札幌。
毎日どこかで人が笑い、泣いて、助け合って生きています。
藻岩山から札幌市を一望すると、昼間は生活の湯気がモクモクと暖かく、夜は灯りがキラキラしています。
どんな政策を取っても、「優しいまち札幌ならどうするか?」に着地点を置けば、笑顔で食卓を囲み、ずっと平和に暮らせる街であり続ける事が見えてきます。
誰もが札幌の優しさに居心地が良くなるよう、市議会議員として取り組んで行きます。

碧ひろみ

あおいひろみ6つの挑戦
食育・給食

公立中学校の栄養士の経験を活かし、子どもの食育や給食の安全にとりくみます。
日本の農業を破壊するTPPや、農業改革に反対し、札幌の農業と安全な食、美しく豊かな自然を守ります。

温泉・公園大活躍

実業団陸上部の実績をもとにスポーツを楽しめる環境づくりに取り組みます。
冬季オリンピックの誘致に向けて、札幌から優秀なアスリートを輩出できる施設づくり、指導者の育成、他府県からはアスリート合宿に訪れたり温泉街をスポーツ治療の町としてPRします。

まだまだ元気

老人福祉施設のスタッフの経験を活かし、お年寄りとにぎやかな街づくりを目指します。
社会と接点を持ち、どんどん外に出てお年寄りにもまだまだ活躍してもらいロコモティブシンドロームをゼロにします。

カモン南区

南区が直面する課題は人口減少ですが、南区は街づくりセンターの自主運営が全市で一番すすんでいます。
この市民力をバネに駅前の再開発や商店街の活性化に区民の皆さんと取り組みます。

Woman’s キラリ

結婚・子育て・夫の転勤など女性はいつもキャリアを犠牲にしがちです。
家庭を守ることは立派なキャリアだということを尊重し、子育てしながら輝きたい女性を支援します。

楽しく暮らそう

知的障がいしゃの移動支援ボランティアを通し、障がいのあるお子さんをお持ちの家庭の悩みに直面してきました。
障がいのある子もない子も、通常学級で学ぶインクルーシブ教育(統合教育)を進めていきます。

あおいひろみの市政報告
Heading layer
Heading layer
Play
Play
Play
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
ヒグマ対策 家庭菜園用電気柵購入補助の申し込み方について

ヒグマ対策 家庭菜園用電気柵購入補助の申し込み方について

2020年5月25日

先に買ってしまうと交付対象外となってしまいます。必ず補助の決定を受けてから購入しましょう。ホームセンターに常に展示して置いていないのでサービスカウンター...

Read More
ヒグマ対策用「家庭菜園用電気柵購入補助金交付事業」開始

ヒグマ対策用「家庭菜園用電気柵購入補助金交付事業」開始

2020年5月25日

昨年度、札幌市では過去10年間で2番目に多い計196件のヒグマ出没情報が確認され、その中で8月に南区簾舞・藤野地区の住宅街で出没を繰り返したヒグマは家庭...

Read More
家庭菜園用電気柵でヒグマの被害を少なく!

家庭菜園用電気柵でヒグマの被害を少なく!

2020年5月25日

電気柵はヒグマを寄せ付けないための有効な対策としていざという時に大きな効果を発揮します。2019年、南区の住宅街に出没したヒグマによ...

Read More
市立札幌病院

市立札幌病院

2020年3月13日

まずは!新型コロナウイルスに気を付けよう 雪まつりや冬のイベントに魅力的な札幌市。 人がたくさんいる場所や公共の乗り物に乗るときは嫌なウイルスが飛ん...

Read More
あおいひろみの市政報告
イベント

お探しの記事は見つかりませんでした。

イベント
お問い合わせ